沿革

昭和 3年宇佐市中原に、佐藤春海(佐藤仁一の祖父)が佐藤医院として開業
昭和26年12月財団法人 明徳会 佐藤病院設立
理事長 佐藤春海、財団設立時の寄付者:佐藤春海
昭和28年 1月佐藤春海死亡により佐藤敏胤(佐藤仁一の実父)が理事長就任
昭和45年 3月現在地(宇佐市法鏡寺)に佐藤第一病院として120床の新病院建設開始
昭和46年 8月宇佐市中原の旧病院を医療法人 仁和会 佐藤第二病院として分離
理事長 佐藤和子(佐藤仁一の実母)
昭和54年 6月旧リハビリ棟完成
平成 4年 1月
      6月
B棟完成(放射線科・手術室・旧病棟)
佐藤敏胤逝去により佐藤仁一が理事長兼院長に就任
平成 6年 3月130床に増床
平成11年11月院外処方開始
平成12年 2月病院理念・運営方針制定
平成14年11月院内LAN設備設置、運用開始
当院ホームページ開設
平成15年 6月
      8月 
     11月
佐藤仁一理事長経営専任のため、院長に中原成浩が就任
一般病床90床、療養病床40床届出
A棟完成(病棟・リハビリ室・厨房)
平成16年 3月 B棟・旧館・旧リハビリ棟改修工事完了
平成17年 2月 SPDシステム導入

平成18年 3月

      6月

     12月

財団法人日本医療機能評価機構認定ver.4取得
国税庁より特定医療法人に承認
療養病床40床を回復期リハビリ病棟に届出
回復期リハビリテーション病棟開設
創立55周年記念行事(健康教室・記念講演会等)を開催
平成19年 6月21世紀事業財団大分事務所長より職場風土改革促進事業実施事業主認定
平成20年 3月新シンボルマーク決定
平成21年 1月

      6月
      7月

     10月
     12月
オーダリングシステム稼動
大分県より「しごと子育てサポート企業」の認証を受ける
大分県より「男女共同参画推進優良事業所顕彰」受賞
一般入院基本料7対1届出
DPC開始
亜急性期入院医療管理病床 4床届出
亜急性期入院医療管理病床 4床から8床に届出変更
平成23年 4月亜急性期入院医療管理病床 8床から10床に届出変更
平成24年 4月大分県より宇佐高田地域リハビリテーション広域支援センターの委託
平成25年 3月「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受ける
平成26年    7月外来棟の老朽化に伴い新棟を建築し、外来・手術室・内視鏡センター・事務部等を移転

PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.