栄養科

理念

➀.病院職員として、また診療技術部門の一員として自覚を持ち業務に勤めます。
②.食事提供は、患者さまの身体・年齢・症状に応じて適切な栄養素を満たし、嗜好調査の結果を活用しながら、食の質と患者さ  まのサービス向上を目指します。
③.積極的な栄養指導により、患者さまへの治療食における意義・必要性の認識の基に、食事面における治療効果の向上に努めます。

業務内容

  • 一般食・治療食の提供
  • 特別食(朝パン食)の提供
  • 年間計画においての行事食(例:月1回のお弁当提供、選択式 デザート提供など)
  • 年4回程度の嗜好調査
  • 全患者さまへの栄養管理計画作成、週1回の摂取量・栄養状態 の確認(モニタリング)・退院時評価
  • 低栄養患者さまの抽出、NST介入協議、NST運営のサポート  (NST事務局)
  • 必要患者さまへの栄養相談・栄養指導
  • 給食委員会の運営
  • その他、給食管理業務、衛生管理業務、施設設備管理、帳簿 管理など

患者さまへのメッセージ

当院の病院食は2010年版日本人の食事摂取基準に準じて食事をご 用意しております。一般食の患者さまにおいても、生活習慣病予 防の為の食事として、1日の塩分10gで病院食を作成しております。 ご理解の上、御賞味されて下さい。その他、食事においてご意見 などございましたらご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.