• HOME »
  • 慢性疼痛外来

慢性疼痛外来

診療

慢性疼痛外来
午 前 秋山
午 後 秋山

 

○午前の診察受付時間 11:00まで
○午後診療は予約制となっております。
  予約のない方は受付しておりませんのでご注意下さい。但し、急患はこの限りではありません。

※詳細は外来診療体制へ

患者様へメッセージ

当外来では数多くの慢性疼痛に対して薬物療法、神経ブロックをしており、それらで改善が乏しい難治性疼痛に関しては脊髄刺激療法 (Spinal cord stimulation: SCS)をおこなっています。

脊髄刺激療法とは
脊髄背側の硬膜外腔に局所麻酔を用いてリード(刺激電極)を挿入し、脊髄に微弱な電気を流すことにより、痛みをやわらげる治療です。
効果を判定するため、リードのみを挿入する試験刺激(トライアル)を約1週間行い、疼痛の改善がみられたら脊髄刺激装置植え込み術を行います。

脊髄刺激療法が適応となる疼痛
<頭蓋内疾患>

脳卒中後疼痛
パーキンソン病に伴う腰曲がりや疼痛

<脊椎・脊髄疾患>
脊柱管狭窄症
脊椎手術後に再燃・悪化した痛み
癒着性クモ膜炎
不完全脊髄損傷
多発性硬化症

<末梢神経疾患>
帯状疱疹後神経痛
複合性局所疼痛症候群(CRPS)(RSD、カウザルギー)
糖尿病性末梢神経障害
幻肢痛・断端痛
外傷・放射線治療による腕神経叢損傷
開胸/開腹などの術後疼痛
その他神経内科領域における各種末梢神経障害性疼痛

<血管疾患(PVD)>
閉塞性動脈硬化症(ASO)
バージャー病
レイノー病・レイノー症候群
難治性再発性狭心症

<有痛性筋痙攣をきたす疾患>
アイザックス症候群
Stiff person症候群
球脊髄性筋萎縮症
その他難治性の限局性有痛性筋痙攣

慢性疼痛でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.