患者の権利と責務

患者の権利と責務

当院の運営方針である、患者さまの権利を尊重した「患者さま中心のチーム医療」を進める中では、患者自さま身の主体的な関わりが不可欠かつ重要であり、患者さま・ご家族の皆さんにも「患者中心のチーム医療」を進める大切な役割を自覚していただく必要があります。
また、病院も社会の一部であり、患者さまの権利だけが無秩序に守られるわけではなく、患者さま自身が守るべきルールもあります。

以下に掲げる事項は、患者さまが医療を受けるにあたって守られるべき権利と患者さま自身の求められる責務とも言える内容であり、十分に理解して頂けますようにお願い致します。

患者の権利

  1. 良質かつ適切な医療を公正に受ける権利をもっています。
    患者さまは誰でも、どんな病気であっても、社会的な地位、国籍、宗教などにより差別されることなく、適切な医学水準に基づいた安全かつ効果的な医療を受ける権利をもっています。
  2. 医師・病院を自由に選択し、他の医師の意見を求める権利をもっています。
    患者さまは、どのような検査や治療を受ける上においても、担当の医師、病院を自由に選択する権利を持っています。また、どのような診療の段階においても、他の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求める権利をもっています。
  3. 十分な説明と情報提供を受けた上で、治療方法などを自らの意思で選択する権利を持っています。
    患者さまは、自分自身に関わる診療行為に関して、それを受けるかどうかを自由に決定する権利をもっています。また、その意思決定を行う上で必要となる医療情報を得る権利をもっています。
  4. 人格や価値観が尊重され、人としての尊厳が守られる権利をもっています。
    患者さまは、いかなる状態にあっても、一人の人間として、その人格や価値観を尊重され、尊厳が保たれる権利をもっています。また、プライバシーが守られてる権利をもっています。
  5. 意識がないか判断能力を欠く場合や未成年者の場合、代行者に決定を委ねる権利をもっています。
    患者さまが意識不明か、その他の理由で意思を表現できない場合や未成年の場合には、法律上の権限を有する代理者が患者さまの代わりに意思決定する権利を持っています。
  6. 自分の診療記録の情報を受ける権利をもっています。
    患者さまは、ご自分の診療情報の開示を含め、ご自分の診療情報に関して十分な説明を受ける権利をもっています。逆に、知りたくない情報を知らされない権利ももっています。
  7. 個人情報の秘密が守られる権利をもっています。
    患者さまは、診療の過程で得られた自分の個人情報の秘密が守られる権利をもっています。

患者の責務

  1. 正確な情報を提供するとともに、疾病や医療を十分理解する責務
    患者さまには、医療提供者が的確な判断を行えるよう、自らの健康に関する情報をできる限り正確に医療提供者に伝える責務があります。また、納得できるまでの質問をするなどして、自らの疾病や医療について十分理解する責務があります。
  2. 医療に積極的に取り組む責務
    患者さまには、検査や治療について納得し合意した方針に意欲をもって取り組む責務があります。
  3. 快適な医療環境づくりに協力する責務
    患者さまには、他のすべての患者さんが快適な環境で医療が受けられるよう、病院の規則や病院職員の指示を守る責務があります。
  4. 社会的ルールを守る責務
    患者さまには、社会的なルールを遵守し、他の患者さんのプライバシーや権利を尊重し、また、医療費を適正に支払う責務があります。

                                             佐藤第一病院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.