当院の役割

  • HOME »
  • 当院の役割

自分が治療した患者さんが自立していく姿を見届ける医療

近隣に大きな公的病院はいくつかありますが、当院は大分県内で5本の指に入るほど リハビリが充実しています。 全国でもリハビリ医が少ない中、当院には勤務医も真面目な医師が多く、民間病院でこんなにリハビリにきちんと取り組んでいる病院はなかなかないと思います。 高齢化が進んでお年寄りの患者さんが増えていますので、たとえば脳疾患で麻痺がある患者さんが、リハビリでいかに早く通常の生活に戻れるか、試行錯誤しながら少しずつ快方に向かう姿をみていける、これが医師にとってのやりがいだと思います。 リハビリ次第でみるみるよくなっていく患者さん、ご家族と密に関わっていけるのが、大きなやりがいに繋がっています。 そのために必要不可欠なのが、コメディカルとの連携です。 当院のPT、OT、STは自分たちで勉強会を実施して常に研鑚を積んでいるスタッフばかりで、 積極的に医師をサポートしてくれます。

全国の介護・リハビリテーション患者の数

 

graph1
graph2

ライフプランを一緒に考えます。 

私が転職を考えたのは、大学や関連病院で多忙すぎる毎日の中、家族と の時間も持てず、このままではプライベートもないままさらに疲弊していくだろうと気付いたときです。 もちろん、大学を離れることで最新医療から取り残されるのでは、という不安はありましたし、周囲の誰にも相談はできませんでした。 実際には、転職先の病院にもよりますが、医局から民間病院に転職する ことは、レベルが下がることではないし、臨床という意味では実務経験を 豊富に積むことができます。私の場合は、専門の肝疾患・消化器疾患の診療において 大学病院や都心の民間病院にも匹敵する環境がありますので、専門分野の症例数を増やしながら地域医療に貢献している実感があります。プライベートの時間も増え、家族との時間を大切にしながら仕事に取り組んでおり、これから医師としての一生をどう過ごしていくか悩む方には、経験を踏まえてアドバイスができるのではないかと思っています。

平成23 年日本肝臓学会 市民公開講座

平成23 年日本肝臓学会 市民公開講座

相談のメッセージ

民間病院で本当に専門を活かせるのか?家族との関わり

<質問内容> はじめまして。 私は現在○○大学の第一内科に所属し、関連病院で勤務しており40歳が近づいてからは体力的にもかなり負担があります。そんな中、たまたま大森先生の動画を拝見し、考えさせられました。本当に民間病院で勤務しても専門が活かされるのでしょうか?よろしければ具体的に教えていただければと思います。


返信:ご相談のメールをありがとうございます。 はじめまして。 佐藤第一病院 XXです。 この度は、ご相談のメールをいただき、ありがとうございます。 私は、この佐藤第一病院で専門である内視鏡で急性期に取り組みながら診療にあったっております。また、専門外の症例については他科の医師と連携が取れるので安心して勤務しております。当院は、専門を活かしながら、多くの症例を診ることができるのでとても成長できる環境です。

<質問内容> はじめまして。 私は現在、大学の関連病院で勤務しており、子供が2人おります。長女が今年小学校高学年になるため、妻からもいろいろ相談を受けていますが、仕事が忙しいため、なかな家族との時間を取れずにおります。 動画を拝見しましたが、大森先生急性期病院で勤務しながらもご家族とのお時間が取れており、充実した私生活を送っているとのことで、是非アドバイスを頂けませんでしょうか?


返信:ご相談メールをありがとうございます。 はじめまして。 佐藤第一病院 xxです。 この度はご相談のメールをいただき、ありがとうございます。私はこの佐藤第一病院で勤務し、昼間は患者さんと向き合ってしっかり診療にあたり、午後5時半頃に診療仕事を終わらせて帰宅しているので、家族との時間も十分にとれますので医局勤務時代より私生活が大変充実しております。

お問い合わせはコチラから >>

新任医師インタビュー
勤務医の声
就業バックアップ
看護師と医師の連携
アクセス情報
宇佐市全国第1位
PHOTOギャラリー
佐藤第一病院Blog
PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.