• HOME »
  • 嚥下・言語障害、に対する取り組み

嚥下・言語障害、に対する取り組み

口から食べる喜び、人と話す楽しさを

嚥下、言語障害

嚥下障害の原因を探る為の様々な機器を導入しています。カメラを挿入して原因を調べ、その後嚥下に関わる筋肉を鍛えたり、姿勢を調整しながら実際に食べる練習を行います。

言語障害は上手くしゃべれなかったり、言葉が思い出せない症状(失語症)があります。舌や唇の動きの練習や失語症の場合には、絵カードの使用や専用ツールを使用したリハビリを行っています。

PAGETOP
Copyright © 佐藤第一病院(公式サイト) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.