施設認定取得

 

日本医療機能評価認定審査3rdG:Ver.1.0認定

「病院機能評価」の認定が更新されました。
当院は、公益財団法人日本医療機能評価機構の「病院機能評価」の認定を平成29年1月4日付で3rdG:Ver.1.0への更新が認定されました。

病院機能評価とは、公益財団法人日本医療機能評価機構が、国民の医療に対する信頼を揺るぎないものとし、その質の一層の向上を図ることを目的として実施しているものです。内容は、病院の各種機能について、第三者機関である日本医療機能評価機構が客観的にチェックを行い、全ての評価項目について一定水準以上にあると認められた場合に認定証が発行されるという制度です。
平成29年1月4日現在では、全国約8,500病院のうち、当院を含めて2,184病院が認定されています。

今回当院が取得した評価項目は、「一般病院1 3rdG:バージョン1.0」といわれるものでが、2013年に評価項目の大幅な見直しが行われて以降、実際の治療やケアにおけるプロセスがより重視されるようになりました。

評価項目は3つの領域から構成

・第1領域 患者中心の医療の推進
・第2領域 良質な医療の実践1(主に診療・ケアの実践)
・第3領域 良質な医療の実践2(主に各部門の機能発揮)
・第4領域 理念達成に向けた組織運営病院組織の運営
の4領域で、2日間にわたり書類審査・面接調査・ケアプロセス調査等、89項目に及ぶ審査を受け、認定を更新することができました。

当院の詳しい評価結果は
公益財団法人日本医療機能評価機構「病院機能評価結果の情報提供」 へ
当院では、今回の認定更新に満足することなく病院運営の改善活動を継続するとともに、今後も「地域に密着した質の高い医療の提供」を目指し職員一丸となって努力してまいります。

日本消化器内視鏡学会 指導施設
 

平成25年12月1日 当院は消化器内視鏡専門医の教育・養成を行う施設として「日本消化器内視鏡学会指導施設」に認定されました。

 

この指導施設の認定を受領するためには、次の認定基準があります。

1)内視鏡室が設置されていること。

2)専門医の教育に必要な各種内視鏡機器を備えていること。

3)週間検査件数が十分であること。

4)指導医1名以上が勤務、専門医2名以上が常勤し、十分な教育体制がとられていること。

5)内視鏡検査室専属のコメディカルスタッフがいること。

6)病理部門が独立して存在するか、または病理診断を依頼することのできる病理専門施設が定まっていること。

 

大分県北部地域で2施設目の認定指導病院となります。
これまでも先進的な医療設備と治療技術による内視鏡診療を行ってまいりました。
今後も地域の皆様方に質の高い医療が提供できるよう、より一層努力してまいります。

日本外科学会外科専門医制度関連施設
 

平成26年1月1日、当院は日本外科学会より「日本外科学会外科専門医制度関連施設」として認定されました。

これで当院は外科専門医制度に則った外科専門医の育成と、より高度な外科医を育成する資格を得ました。

今後とも、地域医療の向上にますます貢献したいと思います。

日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設(関連施設)

平成27年1月1日、当院は日本消化器外科学会より「専門医制度指定修練施設関連施設」として認定されました. これで当院は、日本消化器外科学会専門医制度に則った消化器外科専門医を育成する資格を得る事が出来ました。 今後とも、地域医療の向上にますます貢献したいと思います。

日本肝臓学会関連施設
平成28年10月27日、当院は日本肝臓学会「日本肝臓学会関連施設」として認定されました。
当院では日本肝臓学会指導医の指導のもと、肝臓専門医が常勤し肝臓疾患の診療を行っております。

 

PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.